アメリカ学生 留学Blog

20歳 ニューヨーク バスケ

ニューヨークの大学のファッションショーがすごすぎる....アメリカでファッション留学!

[この記事は2分で読めます]

f:id:kiam4real:20190713094238j:plain

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

今回は僕の通っているニューヨーク北西部の大学で毎年開催される「ファッションショー」について紹介します。

 

僕の通っているGenesee Community Collegeでは、ニューヨーク州の中でも二番目に大きな州規模のファッションショーが毎年開催されます。

 

 

 

【GCCのファッションショー】どんなショーなの?

 

GCCで行われているファッションショーは今年で38回目、毎年学校内のキャンパスで行われます。

 

このファッションショーはニューヨーク州の中でもかなり大きなショーで知られています。

 

このファッションショーを実際にみに来ていたアメリカの日本人Youtuberを見つけたのでその様子をみてください。

www.youtube.com

 

これは、どこかのアパレル企業主催しているのではなく、GCCの生徒によってモデルから衣装、スタイリングまですべて学校の生徒によって行われます。

 

モデルの選出はシンプルで、自分でオーディションを受けに行くかファッション専攻の生徒に推薦されるかです。

 

オーディションと言っても、審査員をやる生徒の前をモデル風に歩くだけで、特に難しいことはです。

 

実は僕も、モデルに選ばれてしまって驚きました。笑

f:id:kiam4real:20190713100430p:plain

モデルに選ばれたメールです。笑

 

ファッションショーは例年5月の初旬に開催されるんですが、その時期はちょうど学校のテスト(ファイナル期間)の直後で夏休みの直前に行われるんです。

 

それで、夏休みのために荷物の準備とか、テストの結果とかでいろいろ忙しかったので、辞退してしまったんです。

 

【GCCのファッションショー】ここがすごい

 

「選ばれたから自慢してるの?」と思ったと思いますが、実は全く!そうではないんです。

 

このGCCのファッションショーに選ばれるモデルは高身長、美男美女、だけではないんです。

 

特に今年のコンセプトは、いろんな体型や特徴を持つ多様性の中の私たちをファッションを通していかに表現するか、とういものでした。

 

GCCにはたくさんの留学生がいます。髪色や体型、肌の色、目の大きさ、顔の特徴、いろんな人種の生徒を多様性として表現してくれるんです。

 

 

だから、僕は身長も高くないですし(特にアメリカでは小さいです)、顔も平均的な日本人(?)ですから、このコンセプトに合わせて選ばれたんだと思います。

 

【GCCのファッションショー】観覧は生徒だけ?チケットは安いの? 

 

Gccのファッションショーですが、これはGCCの生徒だけでなく一般の人ももちろん見にくることができます。

 

f:id:kiam4real:20190713110632p:plain

 

チケットも生徒と生徒以外で値段が違うなんてこともありません。

 

一般チケットは$5、VIPチケットは$25ドルで別途$1ちょっとの手数料になっています。

 

【GCCのファッションショー】GCCのファッション学部

 

先ほども言ったように、このファッションショーはすべて生徒によって運営されています。

 

それにモデル以外は、全てファッション専攻の生徒によって準備され開催されているんです。

 

しかも、学部なので、ファッションショーの参加で「授業の単位」として認められるものもあるんですね。

 

だから、ファッションを学ぶ学校自体が少ない中、GCCではファッション業界に興味を持っている生徒にはすばらしい環境になると思います。

 

僕も最初は、ファッションビジネスを専攻したくて、この学校を選びました。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

僕も初めてみたときは、想像以上に形になった、とても洗練されたイベントでした。

 

ファッションショーというものを今までみたことなかったのですが、ショーの雰囲気やモデルの迫力、ショーに込められたコンセプトを体感できました。

 

GCCへの入学を考えている方はぜひ、ファッションにも注目してみてください。

 

ツイッターのフォローもよろしくおねがします。

twitter.com

 

Youtubeで英会話に頻出するフレーズを効率よく習得するおすすめ動画3選と正しい使い方!

[この記事は3分で読めます]

f:id:kiam4real:20190710144132j:plain

 

I assume that it's a (bit)(of) a (stretch) to say that everyone in my office like him.

 

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

今回はYoutubeコンテンツを使った英語学習について紹介していきたいと思います。

 

しかし、今回のメイントピックは学習に適したチャンネルの紹介ではなく、それらのチャンネルを使ってどのように勉強していくのかについてです。

 

この記事の対象者は...

  • TOEICを受けたことがない人〜 TOEIC 650点レベルの人
  • 英語のニュース記事を少しでも読めるようになりたい
  • Youtubeで日本語字幕をつけずに英語字幕で見れるようになりたい
  • 洋楽や洋画を観るのが好き
  • そもそも英語を話すことが好き、興味がある

こんな方達を主に対象にしている記事です。

 

 

 

【Youtubeで英会話】おすすめチャンネル3選

1. Hapa英会話

www.youtube.com

 

[このチャンネルの特徴]

毎回動画ごとに一つの単語にフォーカスを置き、その単語を使ったフレーズ、ネイティブの言い回しを紹介してくれます。なので、情報量がまとまっていて、初心者の方でも苦労することなく少しずつ覚えていくことができます。

ちなみに、この「I'm fine, thank you」はみなさんも学校で習いましたよね?しかし、このフレーズはあまりネイティブには使われていない「ちょっと変」な表現なんです。そんなこともネイティブの視点から簡単に説明してくれるおすすめ動画になっています。

2. Mayuko

www.youtube.com

 

 

[このチャンネルの特徴]

このチャンネルを運営するMayukoさんも日本人とアメリカ人のハーフで、英語がネイティブでありながら、日本語も話すことができます。彼女はソフトウェアエンジニアとして働いており、アメリカでの実生活とプログラミングに関する話をしています。このチャンネルのいいところは、英語音声と同時に日本語字幕を観ることができることです。英語学習になれていない人は字幕とともに、少し慣れてきたら外して、と自分に合わせてより学習を行うことができます。

ちなみに、アメリカではコーディングに関する仕事の給料は日本の平均の1.5~2倍だそうです。笑

 

3. Learn English With TV Series 

www.youtube.com

 

 [このチャンネルの特徴]

まずはじめに、このチャンネルはある程度英語に慣れてきて、英語字幕でもある程度ついていける人(TOEICは650点近く)を対象にしています。このチャンネルは完全ネイティブのアメリカ人による動画で、タイトル通り人気ドラマシリーズや映画、時には洋楽の歌詞からより実践的な英語を「英語の耳」で学んでいきます。解説ももちろんすべて英語。ですが、比較的しっている単語を多く使って喋ってくれるため、英語の音に慣れてきた人には一気にネイティブの語彙力を身に付けることができます。

 

【Youtubeで英会話】動画の使い方

記事が長くなってしまいそうなのでこちらのリンクから続きをみてください!

 

 

 

 

おすすめで紹介したHapa英会話のフレーズ集はこちら

 

ブログ初めてちょうど1ヶ月!PV数は10,000PV達成!では気になる収益は...?

f:id:kiam4real:20190722134458j:plain

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

本日7月22日で、僕がアメリカ学校の夏休みで一時帰国してブログを書き始めてからちょうど1ヶ月がたちました。

 

まず始めに、この記事をみてくださっている方、読者登録をしてくださっている方、以前の記事を読んでくださった方、本当にありがとうございます!

 

まだ1ヶ月しか継続していませんが、予想以上にたくさんの方にみてもらって正直びっくりしています。笑

 

今回は、1ヶ月のブログ生活で僕がやったことについて、詳しく書いていきます。

 

 

【ブログ1ヶ月】更新した記事数

まず始めに、この1ヶ月でいくつのブログを書いたかです。

 

ずばりこの30日間で投稿した記事は24記事でした。

 

最初は2日に1記事くらいでやっていこうと思っていたのですが、最初ということもあり、書きたいことがたくさんあって、どんどんストックしていくのもな〜と思って、気がついたら毎日ペースで投稿していました。笑

 

もちろん1日忙しくて記事をかけない時も投稿できない日もあって結果は24記事ということになります。

 

記事によってPV数が大きく変化していましたが、基本的には留学系、英語系でたくさん記事を書くことができました。

 

めちゃいろんな人がみている記事はとても嬉しかったし、モチベーションになりました。

よかったら人気の記事もみてください。

www.kiam4real.com

www.kiam4real.com

 

【ブログ1ヶ月】合計収益

まったく一円ももらえると思っていなかったこの収益ですが、想像の100倍を1ヶ月目で目にすることができました。

f:id:kiam4real:20190722140812p:plain

 

今月の見積もり収益ですがおよそ5,000円になっていました。

 

でも、先週や昨日は収益が0です。笑

 

理由は先々週からドメインを変更して、アドセンスを再び申請している最中なので、広告収益はOという数字がずっと続いています。

 

はやく新しいドメインで収入が出せるといいですが。。

 

【ブログ1ヶ月】合計PV数

1ヶ月目で僕が獲得したPV数(みてもらえた数)はおよそ10,000回になります。

f:id:kiam4real:20190722141309p:plain

 

バズも2度ほどありましたが、基本的には月の後半からは1日200PV〜300PVを継続的に出していたので、それはすごくよかったかなと思っています。

 

最近は、アドセンス申請がまだということもあり、記事をストックして、投稿していない状態が続いたので100ちょっとになってしまいます。

 

今朝も26なので、100PVペースですね。笑

【ブログ1ヶ月】ドメイン変更やその他変更

まずこの1ヶ月の中で、いろんな決断をし、変更もしました。

 

  • 無料版から1年の有料版へ
  • 独自ドメインを取得へ

 

もともと無料版で初めて、「3ヶ月くらいでまだブログを続けていたら有料版にしよう」という軽い気持ちで始めましたが、実際想像以上にみてもらえたので思い切って有料版にしました。

 

年間で8000円とかだったので、頑張って2ヶ月で元をとろう!というモチベーションにもなりましたし、ちょっとは本気になってやってみてもいいかなと考えて切り替えました。

 

それから、独自ドメインも、せっかく有料にしたんだし、と思って取得しました。

 

「自分だけのネット上での住所が持てる」というなぜか喜びというか、自信というかそういうものがあったので、思い切って変更しました。

 

SNSなどに自分のブログのURLを貼ると「これが自分のドメインか」ととても自覚するような思いになります。

 

【ブログ1ヶ月】実はこの収益は2週間辺りで到達していた話

最初の方で収益はアドセンスだけで5000円!と言いましたが、この数字は実は最初の2週間で到達しています。笑

 

その時はまだドメインも変更する前だったので、

「このまま行けば1ヶ月目でいきなり1万円いけるか!?」

 

と調子に乗っていましたが、そんなに甘くないですね。笑

 

ですが、先ほども言ったように、2週間目あたりにドメインの取得でアドセンスを再申請しなくてはいけなくなったので、実質のアドセンス収益はストップ状態です。

 

だから、そのまま同じドメインで今月やっていたら、その倍近くの収益になっていたかもしれませんね。(なるとは限りませんが、自信はありました。笑)

 

しかしドメインの申請は早かれ遅かれ、やることになるので、先にストップするか、もう少し人気になってからストップかのちがいなので、先にやっておいてよかったと思います。

 

【ブログ1ヶ月】唯一書籍で購入した、1冊

ブログは全くの初心者でも簡単に始めることができますし、収益も頑張ればすぐに出せるようになります。

 

なので、わからないことはググればすぐに出てきますし、わざわざこのデジタル化した時代に書籍などをお金を出して買う必要はないと思っています。

 

ですが、たまたま立ち寄った本屋で目にした1冊で、大きく「無料情報」と「有料情報」の違いを感じてしまいました。

 

そのおかげで、僕は2週間で4桁の収益をあげることができましたから。

 

それがこの本

みていただいてありがとうございました。

 

まだまだ初心者のなりたてほやほやですが、1ヶ月頑張ってみていろいろ感じる、経験できたことがありました。

 

ブログをやっている人、ぜひ参考にしてみてください。

 

ブログをいつもよんでくださる方、本当にありがとうございます。

 

これからもたくさんの人に読んでもらえるように書き続けていきたいと思います。

 

twitter.com

 

 

【動画アプリ】テッドトークで英語以外に学べる、9割の社会人に超大切なものがあるって知ってた?

[この記事は4分で読めます]

f:id:kiam4real:20190717102113j:plain

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

今回は、英語学習中の学生、社会人だけでなく、普通の社会人にもよく知られている無料コンテンツサイト『Ted Talk』について紹介していきたいとおもいます。

 

【Ted Talk】テッドトークってなに?

テッドトークが何なのかを聞いたことない人っていますか?

 

平凡な生活で平凡に育ってきた僕でも、高校2年生の時に初めてみる機会がありました。

 

最初は難しいなあとしか思っていなかったので、印象深くはなかったのですが、大学生となった今、もう勉強のツールとしてとても重宝しているんです。

 

 

テッドトークとは 

TED is a nonprofit devoted to spreading ideas, usually in the form of short, powerful talks (18 minutes or less). TED began in 1984 as a conference where Technology, Entertainment and Design converged, and today covers almost all topics — from science to business to global issues — in more than 100 languages. Meanwhile, independently run TEDx events help share ideas in communities around the world.

 引用:https://www.ted.com/about/our-organization

 

簡単に言えば

テクノロジーやエンタメ、デザインやビジネスなど幅広い分野の専門家らが18分以下の短い動画でオーディエンスに啓発系の発表をするもので、世界100言語以上で翻訳されているもの

 って感じでしょうか?

 

1984年に始まったということで、結構歴史も長いんですね。

 

タイトルがとても面白いプレゼンを数多く掲載しており、短い時間で見聞きできるのが特徴となっています。

 

【Ted Talk】英語の勉強に最適な理由2選

1. Youtubeなどでは学べない「書き言葉」「エッセイに使えるフレーズ」を多く学ぶことができる

YoutubeやNetflixでの英語学習はとてもおすすめです。

 

理由はネイティブが多用する『話し言葉』を一気に学ぶことができるからです。

 

ですが、「話し言葉」は大学が会社の資料では使うことはできません。

 

「とても」をネイティブや私たちはは「very」ということが多いですが、このフレーズは学校の論文やエッセイで書くとだいたい直されます。笑

 

「とても」をフォーマルなエッセイなどで使うときは「extremely」や「highly」、「tremendously」などが使われるんです。

 

大学やコミカレに入れば、エッセイは毎週のように書くので、そう言った「書き言葉」のボキャブラリーも増やすことができるのです。

 

Netflixでの英語学習について書いたのでよかったらみてください

www.kiam4real.com

 

2. 専門知識や専門的な単語も自然と身に付く

先ほども言ったように、テッドトークは各分野の専門家、プロフェッショナルが線モク知識の観点から科学的に私たちに訴えかけます。

 

そこで使われている一見難しい単語でも、実はその分野を勉強している人には当たり前に知っているような単語だったりします。

 

話の途中になんども頻出するようだったら、その単語がいかに重要なものかすぐにわかりますし、日本語字幕で一発で意味を確認できます。

 

また、専門知識にも多く触れるので、自分の専攻や学びたいことを授業と異なる観点から知ることもできるんです。

 

僕の取っていたクラスの生徒で、まだ入門クラスにも関わらず、めちゃ詳しい人がいて、教授が「もう教科書を読んだんだね」というと、「いや、テッドトークで知りました」と言っている生徒がいて、笑いを取っていました。笑

 

 

【Ted Talk】英語以外に学べる重要なもの

さて、タイトルにもあるようにテッドトークを使って、英語以外にとても重要なものが学べると言いました。

 

社会人と書きましたが、実際大学生にもかなり重要で、大学生であればほぼ95%は乗り越えなくてはいけない「あれ」です。

 

もうさっきからなんども言っていますが、答えは

 

『プレゼン能力』『人前で話す力』です。

 

大学であれば、授業でグループプロジェクトや個人発表などがほぼすべての学部生でやらなくてはいけないかと思います。

 

社会人のひとも、企画や開発など、必要な場面は多いかと思います。

 

テッドトークの話者たちは、専門家である上に、プレゼンのプロフェッショナルです。

 

みながオーディエンスを惹きつけようと構成や内容、強調や具体例などあらゆる手法を使って私たちに話しかけています。

 

特に海外のプレゼンターはみな笑いを確実にとります。

 

僕はそれがコミカレの初日にできなくて、全く覚えられない印象浅い生徒でした。という記事がこちらです。笑
 

日本でも、そうやって会場の雰囲気を大切にする話者ってたくさんいますよね。

 

そういったのもすべて技術で、いかに退屈させないか、内容重視でしっかり伝えるか、説得できるか、を学ぶことができるんですね。

 

 

【Ted Talk】おすすめコンテンツ3選

ここでは、僕のおすすめではなく、もっとも多くの人に見られているコンテンツを3つ紹介していきたいと思います。

1. 学校が私たちの創作性を殺している

www.ted.com

 2. 誰もが答えられない質問 

www.ted.com

3. なぜ左利きの人が存在するのか

www.ted.com

 

まとめ

いかがでしたか?

 

テッドトークは毎月、毎週のペースでどんどん新しいコンテンツが投稿されていきます。

 

トレンドをいち早く知っておく、自分の専門分野の勉強に活かせる素晴らしいコンテンツサイトではないでしょうか。

 

みなさんも、テッドトークを使って英語学習とプレゼン能力を学んでみてください。

 

 

【保存版】TOEIC800点でも低い!?留学前の英語力は〇〇以上は必要です

f:id:kiam4real:20190718120720j:plain

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

今回は、僕のアメリカ留学前の英語力について話していきたいと思います。

 

留学って一体どのくらいの英語力があればいいの?と疑問に思う方も多いと思いますが、実際に生活して行く上での指標になればと思います。

 

 

【留学英語】留学前のTOEICとTOEFL

1. TOEICの点数

僕の留学前のTOEICは800点でした。

 

先に言っておきますが、この点数は留学を目指していない大学1年生であれば、割と平均よりは高いかと思います。

 

しかし、留学を目前としている学生にとっては、決して高くないのが事実です。

 

2018年の12月に渡米予定でその2ヶ月前の10月にTOEICを受験しました。

 

TOEICはまず間違いなく、アメリカ留学に必要な試験ではありませんが、僕は大学生の友達が受けているから、と一つの指標にするために受けました。

 

なので、毎日勉強したり、1、2時間も勉強したというわけではなく、あくまで今の状態の自分の筆記英語力(R&Lだけの受験でした)を知りたくて受けました。

 

 

留学をする予定の人は、渡米前に自分の英語力の指標に1度受けてみるのもいいかもしれません。

2. TOEFLの点数

 

続いてTOEFLの点数ですが、僕のスコアは70点でした。

 

この点数も留学前であれば高くないですし、むしろ低いのではないかと思います。

 

TOEFLは留学先の学校に半年前くらいに書類審査で出さなくてはいけなかったので、日本の大学に通っていた2018年6月にとったものです。

 

実は留学先の学校が、次の学期から入学できるようにするには7月に提出していなくてはいけなかったので、日本の大学をやめると決めてから約1ヶ月で受けました。

 

TOEICと違い、基準点を超えていないと、留学できなかったのでこの時の1ヶ月は死ぬ気で勉強しました。笑

 

学校の基準点が65点だったので、ほんとうにぎりぎりでした。

 

TOEFLはTOEICと違い、受験料がめちゃ高いです。

 

1受験で2万円ほどかかるので、それも考えて、一発で通ってよかったです。

【留学英語】留学前の英語学習

留学前はとにかく時間がなくなるので、あらかじめ前からコツコツと勉強しておくことがとても大切です。

 

英語学習についての記事はこちらで書きました!

www.kiam4real.com

 

直前の一発とかでうけてしまうと、もし基準に満たなかった時は、自分の留学時期が先延びしてしまいます。

 

アメリカの大学といえども、そういう期限は必ず厳守しなくてはいけません。

 

TOEFLであればまずは、一度本番の過去問を解いてみます。

 

それで目標までに何点必要かを確認し、短期集中で勉強していきます。

 

ながながとやっても時間がかかるので、1回でも基準をこえればいいテストですから、2、3ヶ月のスパンで集中してやることをお勧めします。

 

忙しくても、1日に3時間は勉強時間をとり、単語帳は1ヶ月でやりきりましょう。

 

 

単語は1日の中でなんどもみて反復して、目に入れる回数を増やすと記憶に定着していきます。

【留学英語】留学前ってどのくらい英語ができればいいか

これに関しては結構気になることかもしれませんね。

 

 

実際先ほどの点数で留学してみて僕が気が付いたのは

 

「高ければ高いほどいい」

 

というのと、

 

「どれだけ試験でいい点があっても、所詮ネイティブとの差は露骨にある」

 

ということです。

 

まず点数に関してですが、高ければ高いほど、というかはやり点数が高いということは知っている単語やフレーズも多いわけですから、それだけ有利です。

 

後者に関しては、留学して1年とかであれば、よっぽど帰国子女とか子供の時に何年か住んでいた、という人でない限りはネイティブとの英語力の差はすごく感じてしまいます。

 

単語は知っていても、実際に使えるかと言ったらそうとは限りませし、英語試験は「英語をみて、日本語を思い浮かべる」のが普通ですよね?

 

ですが、留学では「英語で考えてそのまま英語を話す」というもの、よく『英語脳』なんて言われていますが、それです。

 

なので留学前の英語力は、あればあるだけいい!ということになるでしょう。

 

 

【留学英語】留学前の英語力が低いとやばい理由


 留学前に合格基準の点数は取れたと言って、英語の勉強を続けない人は留学してから困ります。

 

確かに、留学すれば英語力は格段に上がるし、コミュニケーション能力も高くなります。

 

ですが、もともとの英語力が低いと学べることはほとんどない、というのか、学ぶことが多すぎて追いつかない、です。

 

留学しても英語ができないという帰国生をよく聞きますが、彼らに共通するのは『もともとの英語がしょぼいから対して延びない』ことです。

 

なので、留学前の英語勉強には熱心に取り組まなくてはいけません。

 

逆に言えば、ある程度の英語力があれば、現地の文化を存分に学ぶこともできますし、英語の伸びもかなり大きいです。

 

「スタートが肝心」というより「スタートの前から肝心」ですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

留学前の英語力は僕もそうでしたが、結構気になるところではないでしょうか?

 

留学した後でも充実して学べるように留学前の英語学習も頑張ってください!

 

 

 

 

Youtubeの動画で英会話 おすすめのたった3ステップ!1日たった10分からできるやり方

[この記事は3分で読めます]

f:id:kiam4real:20190711194010j:plain

 

As soon as I got home, I just (crushed) because I was exhausted last night. 

 

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

前回の記事から、Youtubeチャンネルを使った効率的かつ確実な英会話の学習法について、紹介しています。

 

その記事ではまず、レベル別のおすすめYoutubeチャンネル3つを紹介しました。

 

今回はその記事を使った学習法を紹介していくので、前回の記事と合わせてチェックしてみてください!

(リンク挿入)

 

なお、一回の学習にかける時間は10分〜20分ほどです。

 

一度に多く、たくさんやればいいというものではありません。

 

いかに短い時間で効率よくやるかが大切ですし、これ以上長いと集中力も続かないです(僕もこれ以上長いと集中力が切れてしまいました。笑)

 

【Youtubeで英会話】ステップ1. 動画を字幕ありで通し見する(長い動画で10分前後)

 

 

 まずは、選んだ動画を通して全て見ます。

 

動画選びですが、必ず3分〜10分程度の動画を選んでください!

 

10分の動画であれば5分ずつで2回に区切った方がよいでしょう。

 

★この時、動画内で使われているフレーズを一つ自分で選んでメモするか頭に残しておいてください。その単語を中心にやっていきます。

 

★一回の学習で1、2フレーズだけにしましょう。

(例えば、Hapa英会話では一つのフレーズに絞って紹介してくれます。)

 

【Youtubeで英会話】ステップ2. 選んだフレーズをGoogle等で検索して意味をしっかり確認する

 

例えば、動画で

I messed up on the exam I took today.

 

mess upを選んだとしましょう。

 

f:id:kiam4real:20190711204004p:plain

 

これを検索すると一番上の英語での説明、下の日本語の解説がありますので、覚えやすい方で意味をしっかり確認してください。

 

【Youtubeで英会話】ステップ3. 動画に戻って字幕なしで聞き取れるか、続けてしっかり発音できるかトライします

 

最後に元の動画に戻って、字幕等すべてついていない状態で自然な使い方、ネイティブの音に合わせて聞き取れるか、また、しっかり発音できるかやってみましょう。

 

ここで聞き取れないようでしたら、英語の字幕をつけてどこで使われていたか確認してください。

 

英語というのは自分が聞き取れていないと、自分の口から自然と使えるようにはなりません! 

 

 

なぜ私たちは覚えた単語やフレーズが使えないの?

 

今まで英語をべ今日してきた人が多いと思いますが、実際につかている人って少ないと思います。

 

いざ喋るとなると緊張して言いたいことが言えなかったり、思い出せなかったり。

 

その理由は単純。

 

ただ単に目で記憶しているだけで、自分の五感を使っていないからです

 

TOEICや英検の点数はいいけど、外国人と話せない、単語はわかるんだけど、使えない。

 

こうゆう日本人はめちゃめちゃ多いです。

 

試験のための勉強も今度紹介しますが、それと同じ学習は英会話には効果が少ないです。

 

まとめ

 

お疲れ様でした。

 

以上でYoutubeを使った簡単な3ステップの実践的な英語学習は終了です。

 

動画を見て、フレーズを1つ選んで、調べて、聞き取りと発音。

 

とてもシンプルですが、毎日10分〜20分を継続すれば確実に英語が話せる、聞けるようになります。

 

覚えた単語のアウトプットは英会話スクールやオンライン英会話でばんばんつかってください!笑

 

間違えたって全く問題ありません。 

 

 

 

 

 

 

 

【オンライン英会話】日本人と外国人講師 どっちがいいの?

[この記事は3.5分で読めます]

f:id:kiam4real:20190718210426j:plain

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

今回はオンライン英会話をやったことある人、やろうと思っている人が気になる「日本人の先生と外国人の先生、どっちがいいのか」について話していきたいと思います。

 

いきなり外国人と話すのはちょっと不安。

 

言っていることがわからなかったらどうしよう。

 

日本人だと、訛りとかあるし、やっぱ外国人の方がいいのかな?

 

など、気になる点はたくさんあるかと思います。

 

その点について詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

 

【オンライン英会話】どっちがいいか、まずは結論

先に結論から言いたいと思います。

 

中学レベルの英語ができる人は外国人

それ以下の人はまず日本人で、すぐに外国人に変える

 

「中学レベルの英語ができる人」とは、例えば本屋さんに行き中学三年生の英語のテキストを開きます。

 

パラパラとみてみて、8割ほど知っている、使えることができれば、その人は中学三年生レベルの人です。

 

それ以下のレベルの人は、「最初は日本人で後から外国人に変える」と書きましたが、できるだけ早く外国人にして欲しいです。

 

その理由は以下で説明していきます。

【オンライン英会話】外国人を選ぶ理由

1. 外国人の発音に慣れる

まずは大事なのはこれです。

 

日本人講師ももちろん留学経験者や英語がとてもできる人、プロフェッショナルが講師になるので、はやり質は素晴らしいです。

 

ですが、そうはいってもネイティブの英語の音とはだいぶ違うのは事実です。

 

日本人だと聞き取れるのに、外国人になったらまったくわからなくなる。

 

日本では結構いけたのに、留学した途端現地の人の会話が理解できない。

 

これはやはり、学んできたものと実際に使われているもののギャップについていけなくなるからです。

 

例えば、ネイティブは単語と単語をくっつけて言ったり、あるはずの単語を省略していたりと、勝手にネイティブになってしまうんです。

2. 外国人の英語の使い方、正しい発音、イントネーションを自然と身に着ける

上でいった「聞き慣れる」と同じように、自分が使う場合もやはり外国人からきく英語の方が無理なく自然と身に着けることができます。

 

ちなみに、ネイティブがしょっちゅう使う超頻出英語表現はこの記事で詳しく書きました。

www.kiam4real.com

 

英語の使い方というのは、この単語はここではこう使っている、とか、あれはこの単語で表すには不適切なんだ、などと勝手に身につきます。

 

もちろんしっかり聞き取れての話ですが、僕は日頃からYoutubeで海外のニュースなどをみて、常に発見があります。

 

例えば、『わからない』という時、私たちの場合は『I don't know』とか『I have no idea』をほぼ100%のシチュエーションで使っていますが、

「わからない」の具合によっては『I'm not sure if...』や『It's uncertain that...』というものもよく使います。

 

そのような発見を外国人の方がより多くできます。(日本人でもできますが少ないです。)

3. 喋れない悔しさを思い知る

これは外国人を選ぶ一番の理由と言ってもいいかもしれません。

 

僕もなんども留学中に思い知っていますが、言いたいことがうまく言えない場合やここってなんて表現したらいいんだ?という思いをすることです。

 

日本人だと、最低日本語っぽいこと言えば向こうが勝手に『同じ日本人として』暗黙の理解をしてくれます。(文化的にも)

 

そうなれば、結局言えないことがずっと言えないままになってしまいますよね。

 

外国人であれば、日本のことをあまり知らないひとばかりなので、しっかり逃げずに説明しなくてはいけません。

 

そこで頑張って自分なりに伝えてみて、正しく伝わっていると嬉しくなりますよね。

 

逆に全く伝わっていないと悔しいですし、調べようと思いますよね。

 

その感覚が味わえるのがまさに外国人を選ぶ理由ではないでしょうか。

 

 

【オンライン英会話】日本人を選ぶ方がいい人とは

1. 全くの英語初心者か中学レベル以下の人

ある程度英語ができると「できない中での発見」がありますが、全くできない人はただの時間とお金の無駄になります。

 

わからないことが多すぎて、発見どころではないなんてことになります。

 

英会話は文字通り「会話」ですから、会話にならないと全く意味ないですし、講師もどうしようも無くなります。

 

そういう人はまず、日本人でやってみる方がいいです。

 

そうすると、日本人講師はレベルを察知してめちゃゆっくり喋ってくれますし、めちゃ簡単な単語を使ってくれます。

 

「外国人でもやってくれるんじゃない?」

 

はい、もちろんやってくれます。

 

ですが、ネイティブにとっての「ゆっくり」や「簡単」は日本人にとってのそれとは感覚が違ったりします。

 

なので、まずは日本人でレベルをみてみるというのが大切です。

 

まとめ

 いかがでしたか?

 

いきなり外国人でチャレンジしてみるのもいいですが、まずは日本人でやってみて、というのもありだと思います。

 

ですが、あくまで最初だけとかレベル確認のためであって、できるだけ早く外国人講師に変えてレッスンしてください。

 

オンライン英会話を始める人はぜひ参考にしてくれたらと思います。

 

【語学留学生は見ないでください】語学留学が無駄な本当の理由

[この記事は2分で読めます]

f:id:kiam4real:20190719134910j:plain

 

おけましておめでとうございます。

 

4ヶ月ほどブログをストップしていました(大学課題、プログラミング学習のため)が、久しぶりに投稿してみますので、よかったら見てください!

 

改めましてこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

まずはじめに、語学学校に通っている人、これから語学学校に留学する人は「何言っているんだ」となってしまい不安になってしまうかもしれないので、この記事から離脱することをお勧めします。笑

 

さて、今回の本題は単刀直入に

 

「語学留学は99%の人に価値がない」

 

という話を掘り下げています。

 

 

語学留学が無駄である理由

1. プログラムが短すぎる

まずは語学留学のプログラムの期間が短いことです。

 

多くの場合、留学エージェントが提供する、おすすめしているプログラムは1ヶ月〜3ヶ月が多いです。

 

3ヶ月の留学なら結構長いんじゃない?と思うかもしれませんが、英語や文化を学びに行くのに3ヶ月は短すぎます。

 

語学留学は一応「留学」であって、「旅行」ではありません。

 

それに語学留学に行く人の層を考えてみてください。

 

英語がペラペラな留学生、ましてやネイティブなんて、先生以外には間違いなく一人もいません。

 

そんな私たちも含めて「非ネイティブ」たちの中で3ヶ月のクラスははっきり言ってわりに合いません。

 

それ以下の期間なんてほぼ旅行、観光も同然ではないでしょうか。

2. ネイティブ英語を学べない

上で少し触れましたが、語学学校には先生以外にはおそらくアメリカ人など英語圏のネイティブはいません。

 

よりありがちな「フィリピン留学」も、僕は言ったことはないので決めつけることはできませんが、彼らが教えるのはネイティブ英語ではありません。

 

「英語」という観点からすれば同じ英語ですが、ネイティブ英語とは違います。

 

訛りも結構強いですし、それになれてしまうと実際の英語圏でのフィールドでは英語圏の大学やコミカレで学ぶ人に比べれば効果は発揮しづらいです。

 

もちろんその人の目標や夢が英語圏以外で働くこと、とかであれば全く問題ないですし、むしろ訛り英語の方が現地ではなじみになるかと思います。

 

友達に関しても同じです。

 

ネイティブ以外の友達を持つことは全く悪いことではありませんし、むしろ素晴らしいことです。

 

ですがここでは学習の観点、ネイティブ英語という観点でやはり語学学校での友達は英語の多様性以外には得られるものはどうなんでしょうか。

3. 単位の移行ができない

語学留学の目的は人それぞれです。

 

学位が欲しい人、英語を身に付けたい人、外国に友達を作りたい人、いろんな目的で留学してきていることでしょう。

 

最初はただの英語留学という人でも、留学中に目的が変わる人も少なくはないです。

 

そんな時に、語学学校では単位、学位はありません。

 

そもそも語学学校には卒業というものすらありません。

 

語学学校は公式の教育機関ではないので、プログラムの終了が事実上の卒業(ただしくは退学)です。

 

なので、語学学校の経験はただの経験であって、また新たに学位取得のための学校に1から入り直しになってしまい、お金が無駄になってしまいます。

 

たいして英語力も上達しない、学位も単位もなくプログラム終了、大学に入りたいと思ったら1からまた始めなくてはいけない。

 

最初に言ったように、目的はそれぞれですので、もし僕のいう目的の転換が起きた時にはすごく無駄になってしますということです。

 

4. 期間に対して費用が高すぎる

www.englishpedia.jp

こちらの記事で1年間留学した場合の費用が書かれていますが、要するに年間300万〜400万円かかるよ、ということです。

 

ぼくがかよっているアメリカのコミカレは年間100万もかかりません。

 

これなら日本で独学で英語を勉強してある程度の英語力がついたら直接コミカレや大学に入る方がいいです。

(僕はお金がないのでコミカレから大学に3年次編入の予定です)

 

1年間で最低300万円、つまりたった3ヶ月で50〜80万円ほどするんですよね。

 

語学留学におすすめの1%の人とは

最初に「99%の人には無駄だ」と言いました。

 

では1%はどんな場合でしょうか?

 

ずばりそれは、

 

「海外を経験したい」

 

というだけの人です。笑

 

いるのかはわかりませんが、ただ海外を経験していろんな旅行もしたいという人には期間的にもちょうどいいですし、いろんな海外経験ができると思います。

 

 まとめ 

いかがでしたか?

 

語学留学をしていた人は、気を悪くされているかもしれません。

 

ですが、費用のことにしても英語にしてもすべて僕の意見ではなく事実です。

 

英語ができる人は語学留学しませんし、アメリカ人やイギリス人などもいません。

 

費用は割に合いませんし、なにより短いわりに高いのは留学先の選択としてはおすすめではありません。

 

ぜひこれから留学する人の参考になればと思います。

 

 

英語で自己紹介する時、この5つだけ言えば十分です

[この記事は2分で読めます]

f:id:kiam4real:20190724144002j:plain

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

みなさんは、英語で自己紹介することって、ありますか?

 

僕はアメリカのコミカレに通っていたり、その前も日本の大学にいたときに外国人の先生のクラスで英語で自己紹介をすることがありました。

 

そこでよく疑問に思っていたのが、「自己紹介して」と言われて何を言えばいいのかな?ということです。

 

自己紹介ってそれぞれのシチュエーションによって時間とか内容とか違いますよね。

 

そんな中で、名前の次に何を言えばいいのかって難しいですよね。

 

今日は、実際にネイティヴの人が、クラスでしていた、僕も参考にした自己紹介を紹介していきたいと思います。

 

 

【英語で自己紹介】これさえ言えばいい5つ

1. 挨拶の一言

「Hi」「Hello」「Good morning」など、自分がパッと出せる簡単な挨拶程度で大丈夫です。

 

いきなり自己紹介を始めるのだけはやめたほうがよいでしょう。

 

なんか変ですし、周りもシーンとなってしまう出だしになってしまいます。

 

「Hello」などと挨拶して周りも「Hi」などと返してくれると、緊張も溶けますし自分の雰囲気を作ってよりやりやすい場面を作ることができます。

2. 名前

これも当たり前ですよね。笑

 

自分の名前をいう時に「I'm ~」を使う人もいれば、「My name is ~」を使う人もいます。

 

そんなに大したことではありませんが、僕がネイティブの自己紹介をたくさん聞いた中で、「My name is」の方が圧倒的に多かった印象があります。

 

初めて会う人で、誰からも紹介を受けていない場面、初対面の場面ではよりフォーマルな意味で「My name is」の方がいいのでしょう。

3. 出身地など、バックグラウンド

次に言った方がいいのが自分のバックグラウンドについてです。

 

その人がどんなひとなのかって、見た目とか話し方だけではわからないこともあります。

 

もちろん、顔や肌の色で人種等はわかりますが、アメリカでは〇〇系アメリカ人のような人がものすごく多くて、日系アメリカ人も数多くいます。

 

だから、名前の後には、

「I was born in ~」「I was born and raised in ~」「I'm from ~ but grew up in ~」など、自分の生まれた国や都市、育った場所をいうのがベストでしょう。

 

それだけで、「ああ、この人は英語がうまいけど、生まれは英語圏なんだ」とかわかりますし、あとで話す時にも話のネタにもなります。

 

僕もあるクラスで自己紹介した時に「日本に言ったことあるよ!」とその場で反応してもらえたり、後から「東京?」などと話しかけてもらえたりします。

 

逆に年齢を言ってしまう人がいますが、年齢は話の種にはなりませんし、見かけで大体わかります。笑

4. 学校/職場に関係あること一つ

名前、自分のバックグランドを言った後には少しだけその環境のことについてふれることが多いです。

 

例えば僕の場合は学校のクラスだったのですが、その時は

「I am majoring in Liberal Arts, but I am willing to transfer to a 4-year university in America after my graduation here」などと言っていました。

 

クラスではいろんな専攻の生徒がいるので、自分が何を専攻しているのか、また、なぜこのクラスを取っているのか、といった理由を言います。

 

そうすることで、「この人は将来編入したいのか」とか「どこの大学にいきたいんだろう」などともっと疑問を持ってもらえますし、さきほど同様その後の話のタネにもなるかもしれませんよね。

 

学校でなくても、例えば職場で自己紹介する時は

「I have worked in the marketing field for ~ years.」とか「My major in the college was software engineering, so I'm happy to have this opportunity to work in this company.」など、自分の職業経験や、大学の専攻と関連付けて話すことができます。

5. 終わりの一言

これは初めの「Hi」同様、さらっと「It's nice to see you all.」とか「Pleasure to meet you.」など、「よろしくね。」的な感覚でさらっと言えるといいでしょう。

 

何も言わず終わると不自然な感じがしますし、終わったことが自然と相手に伝わります。

 

 

自己紹介で成功する超大事なこと

  • 笑いをさらっととる

これは、難しいことですが、めちゃめちゃ大事なことです。

 

英語が流暢でないうちは、滑るのでやめた方がいいですが、ある程度できるようになってきたら、どんどん笑いをとるようにしてください。

 

僕も学校の初日で、笑いをとることが、、、できませんでした。笑

 

という記事を書いたので、よかったらみてください

kiam4real.hatenablog.com

 

海外の番組、プレゼンなどで、話者が話の途中でたくさん笑いの要素を入れることは本当にたくさんあります。

 

真剣な難し話でも、聞いている人が退屈にならないように笑いを誘っています。

 

こういうことが自然にできるのはアメリカ人など、海外のすごいとこですね。

 

絶対に言ってはいけないこと

1. 政治、宗教に対する発言、それをつかったジョーク

アメリカでは特に、政治観や宗教に対する発言を自己紹介でするのはやめた方がいいです。

 

日本人であれば、いきなりこんな発言する人はいませんが、たまに外国人がアメリカの時事ネタを使ってジョークをいうことがあるらしいですが、日本人留学生であればやめておくのいいでしょう。

 

他にも、社会問題がアメリカにも多くありますが、そういうネタに触れるのも、出来るだけやめた方が無難です。

 

というか、やめた方が絶対にいいでしょう。

1冊2万円!?アメリカ大学の教科書なんて、買う必要ありません!じゃあどうするの?

[この記事は4分で読めます]

f:id:kiam4real:20190716211844j:plain

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

今回はアメリカ大学で必ず必要な教科書について話したいと思います。

 

大学に限らず、ほとんどのアメリカの高等教育機関での教科書はめちゃくちゃ高いです。

 

これはアメリカにきてめちゃくちゃびっくりしたんですが、教科書一冊で1万円から2万円はします。

 

それに伴い、今回は結論を先に言います。

 

僕はコミカレの留学でまだ一度も教科書を買ったことがありません

 

この事実について、アメリカの教科書事情とともに紹介していきたいと思います。

 

 

【留学中の教科書】 アメリカ大学の教科書代

アメリカの大学、コミカレで使う教科書はめちゃくちゃ高いです。

 

僕はもともと日本の大学に4ヶ月だけ通いました。

 

なので、日本の大学で使った教科書の値段を知っているので、いかに差があるかに驚きました。

 

例えば経済学の教科書。

 

日本では、書店やアマゾンでで買うことができる教科書で、1冊だいたい2~3000円ほどだったと思います。

 

どんなに高くても1万円より高くなることはほぼないと確信しています。

(学部によっては超稀に超えますかね?)

 

しかしアメリカでは、1万円以下で買える教科書は多くないです。

 

もちろん専攻によって大きく違いますが、医学系の学部で、友達は1冊2万円したものもあったといっていました。

 

僕はリベラルアーツなので、安いほうだと思いますが、それでもやはり1万円はします。

 

それに、一つの教科に1冊だけともかぎりません。

 

例えば1学期に5つのクラスをとるとしましょう。

 

1教科で2万円の教科書代を払うとします。

 

2×5=10万円/学期 です。

 

 

【留学中の教科書】アメリカ大学の「コード」とは

アメリカの大学では、オンラインでのクラス、課題の提出が日本に比べて大きく発展しています。

 

アメリカのオンラインクラスについての記事はこちらです

www.kiam4real.com

 

それで、普通の授業でも、課題はオンラインのサイトでやり、提出することが8割近くです。 

 

プロジェクトやプレゼン以外は、ほぼオンラインで必要な指示をもらいオンラインで提出、成績やコメントもオンラインのサイトに返されると言った感じです。

 

そのサイトにログインするために「アクセスコード」というものが必然的に必要になってしまうんです。

 

このコードがなければ、課題をやったり出したりすることができないので、当たり前に買うことになります。

 

このコードも教科書とは別で、1つ5千円ほどします。

 

【留学中の教科書】それでも教科書が必要な場合は?

僕は教科書をひとつも買っていないといいましたが、それでも教科書がどうしても必要になってしまう人もいるかもしれません。

(僕の友達にはいなかったです。笑)

 

それに、教科書を買うときは、自分が好きな科目で、これからも授業以外で趣味として読みたいなどの理由でしょうか。

 

そんなときは、

  • 学校の本屋で、中古(USED)がないか本屋の人に直接聞いてみる
  • アマゾンやEbayで探す

 

ことです。

 

これでだいたいは安く教科書を買うことができます。

 

アマゾンよりはアメリカ版のメルカリのようなサイトで探す方がおすすめです。

 

日本でもそうですが、本を売るときはアマゾンに出店するより、メルカリで出店した方が簡単ですし、売れやすいですよね。

 

その感覚でアメリカでも似たようなサイトを使うことがおすすめです。

 

また、

  • 先輩や友達に、同じクラスを取っていた人がいないか聞いてみる

これもとても有効な手で、うまくいけばタダでもらえるかもしれません。

 

日本の大学と違って、同じ年だからと言って、自分が取っていない科目を取っていないとは限らないので、必ず聞いてみることをおすすめします。

 

 

【留学中の教科書】僕が1学期6つのクラス使った教科書等の費用

  • かかったお金

 僕は1学期に6つのクラスをとりました。

 

一つはPED、つまり体育だったので、教科書などが必要になったのは実質5教科です。

 

5つの科目で使った費用は

 

9,000円でした!

 

イングリッシュの授業で4千円、リーディングの授業で5千円。

 

どちらも必須のコード代です。

 

教科書を買うのに比べて1冊分くらいで済ませることができました。

 

成績についても全く問題ありませんでした。

 

成績の詳細はこちらの記事で書きました

www.kiam4real.com

  • 教科書はどうしたのか?

問題の教科書ですが、

 

図書館で全て借りて、毎回授業に必要なページを事前にコピーしてました。

 

実はアメリカの大学の図書館には、ほぼ全ての教科書が揃っています。

 

だから、わざわざ買う必要はなく、必要なページだけを授業の前にコピーして受けていました。

 

これは教授も公認の節約方法になります。

 

まとめ

アメリカの教科書事情について紹介してきました。

 

もちろん日本の大学でも重なることはあると思いますが、教科書代が超高いアメリカ大学だからこそ、かなりの節約になると思います。

 

留学中の人は知っている人も多いかもしれませんが、これから留学する人も知っておくと損することはなくなりそうですね。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

【留学失敗】留学でよくある失敗5選 留学って楽しいと思ってますか?

[この記事は3分で読めます]

f:id:kiam4real:20190714220401j:plain

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

今回は僕が個人的に経験した、留学中の失敗を思いつく限りまとめてみました。

 

今まさにこの記事を海外でみてくれている方、これから留学する方、留学から帰ってきて振り返りをしている方、いろんなかたにみていただきたいと思っています。

 

中には、今本当につらくてGoogleの検索エンジンに『留学 きつい』、『留学 ホームシック』などと調べている人もいるかと思います。

 

僕も留学したすぐはつらくてそんなようなこと調べてました。

 

これからに生かす人も、ぜひ参考までにみていただけたらと思います。

 

 

 

僕が留学で失敗したと思うこと

1. 英語力、特にリスニングとスピーキングの力不足

留学前はYoutubeとかで、「留学に最低限必要な英語力」とか調べててみてました。

 

しかし、個人的な予想ですが、英語力自体はたぶん留学する人の平均以上によかったと断言してもいいかもしれません。

 

それは、僕が英語ができるからではなく、日本人の英語力自体がへぼいからです。

 

その中で、とくに自分が後悔したのが、聴く力と話す力です。

 

これはTOEICやTOEFLなどの試験では完全には表せないものです。

 

もっと日常会話での単語を知っておくべきだっとなと思ってます。

 

留学中に寮で停電が起きた時、電力が復活するという時、なんて『復活する』を英語で表現しますか?

 

普通に『is back 』は知っていると思いますが、アメリカ人たちは『comes back on 』という言い方をしていました。

 

簡単な表現ですが、すぐに出てこないですよね。

 

TOEICで800点とかTOEFLで70点以上あっても、しらない単語なんて山ほどありましたから。

(そもそもこの点数自体も低い)

 

 

2. 積極性の欠如

僕もそうですが、もっとあらゆるシーンで積極的になったほうがよかったと感じました。

 

授業中にわからないことがあっても、授業の最後に聞きに行く、そもそも聞きにすらいかず、日本人の友達に聴く。

 

僕は授業の最後に聞きにいってましたが、教授いわく、授業のあとは基本的に聞きに行くのではなく、授業中に聴くのがマナーなんだとか。

 

たしかに、アメリカ人たちは何かあればその都度手を上げて聞いていました。

 

僕は日本人がクラスにいなかった(あえて遠ざけた)ので、強制的に英語環境にいれましたが、結局日本人コミュニティに固まる人は多いように感じました。

 

3. 勉強や成績はめちゃ大事。でもそれだけにコミットしてしまう

アメリカではいい大学、就職に成績(GPA)は超大事です。

 

それに、課題もテスト期間も大変です。

 

ですが、勉強ばかりにコミットしてしまうと、1人で勉強することになって、先ほど言った『話す力』『聞き取る力』がみにつきません。

 

いろんな難しい英語や読む力は間違いなく向上しますが、それは留学しなくてもつけることができる力です。

 

机で勉強→話す力、聴く力が伸びない→自身がなくなる→積極性がなくなる

 

上で言ったことが繋がってしまいますね。

 

矛盾して聞こえるかもしれませんが、勉強は大事!でも勉強だけではだめ!

 

自分のいいように、解釈してみてください。

 

4. だっかい希望だけ持って、小さな目標をもたない

ここで僕が言いたいのは、大きな夢を決めること、期待しすぎてしまうことはよくないが、小さな達成を繰り返していく目標は大事だということです。

  • 考えなくてもいいこと

- 行きたい4年生大学、大学院

- 就職したい企業

- 卒業後の自分

 

  • 小さな目標の例

- ネイティブの友達を5人作る

- 授業で1回以上発言してみる

- 毎日新しい単語を使ってみる

- テストでA以上をとる

 

言っておきますが、大きな目標をもつことがいけないということではありません!

 

断固たるモチベーションは人それぞれですし、それで結果も出せているならなおさらすばらしいことです。

 

でも、例えば大学や就職したい会社なんていろんな学問を学んだり、インターンとかを経験して、やっぱ違うなとか、逆にジャーナリズムのクラス面白いな、とか興味なんて全然変わったりします。

 

だから、まず小さな目の前のことを1個ずつ達成していけば、それが積み重なって、いずれ小さな目標に知らずと大きな夢が入っていることになると僕は思っています。

 

 

5. 留学自体、誰でもできるものでない、という認識を忘れる

この考えはすごく大事で、例えばあなたが留学をしていて、とてもつらくなってしまったとしましょう。

 

そんな時、あなたには帰国するという選択肢があるんです。

 

お金が勿体無いと思うかもしれませんが、留学の授業料とかは埋没費用、つまりもう戻ってくることはないものです。

 

ですが、留学をやめればまだ払っていない生活費、などを抑えることができます。

 

それ以上に言いたいのが、留学はあなた自身の選択であって、やめるのもあたな次第。やめたって、日本に変えればまた留学したくなってしまいます。

 

中学校とかであれば、いやでも行かなくてはいけませんでしたが、留学なんていく人の方が少ないですし、贅沢な選択です。

 

それをやめたって別に何かなるわけではありませんよね。

 

もし、『いや、でも帰るのは...。』って思ったならあなたは大丈夫。まだここにいたい、帰るのは早すぎるという認識がある証拠です。

 

めちゃくちゃ伝えたいこと

読んでくださりありがとうございました。

 

留学中にもっと小さな失敗はたくさんしました。

 

空港について予約していたバスがこないと思ったら、場所を間違えて、学校の人に迷惑をかけた。

 

ウーバーを知らずに、タクシーでとんでもない料金を初日にはらった。

 

今となっては笑えますが、その時はとにかく夢中でした。

 

でも、失敗はのちに経験としての自分の糧になりますし、失敗は悪い子ことではありません。

 

今目の前にあることを一つ一つやって、将来の成功に続く道にすればいいだけです。

 

面白く話そうと思いまいたが、真剣な話になってしまいました。笑

 

よかったらツイッターのフォロー、読者登録もしてくれると嬉しいです。

twitter.com

 

アメリカ大学生の衝撃事実 〇〇使ったことある人70%!?留学の恋愛事情がスゴかった

[この記事は3分で読めます]

f:id:kiam4real:20190717204843j:plain

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

僕が留学に行く前に少し気になっていた、というか期待していた?ことを最近ふと思い出しました。

 

それは『留学中って彼女/彼氏できたりするの?』という疑問です。笑

 

当たり前ですが、僕の留学の目的は英語で学問を学ぶことで、留学中の恋愛は3%ほどしか考えていませんでした。

 

というのも、勉強が忙しくなるのはわかっていたので、そんなことは全く気にしていませんでした。

 

そこで、実際に僕と僕の友達の恋愛事情を紹介していきたいともいます。

 

先に言いますが、僕はアメリカ人の女友達は結構できましたが、彼女は作っていません。笑

 

できなかったということですね。

 

コミカレ留学中って出会いはどうなのか

留学の種類にもよりますが、僕のいるコミカレや大学では男女問はず、出会いはめちゃくちゃ多いです。

 

授業でも、異性との会話は日本人であろうとアメリカ人であろうと結構多い気がします。

 

はやり海外の学校ということもあって、積極的に話しかけたり、かけられたりするんですね。

 

しかし、「アメリカ人」に限ってしまうと、できるかできないかはその人の英語力によります。

 

逆に英語があまりできない人は、同じように英語力が高くない留学生(だいたい韓国人や南米の人)と結構仲良くなることが多いような気がしました。

 

留学生同士の出会いは想像していたより多かったです。

 

 

アメリカ留学でフランス人の彼氏ができていた日本人友達

1学期にたまたま僕と同じクラスをとっていた日本人の女の子がいましたが、彼女は僕より1学期早く入学していて、すでにフランス人の彼氏ができていました。

 

その子の英語力はというと、めちゃペラペラ!というレベルではなく、フィーリングのようなところが結構大きかった印象です。

 

ですが、その子の積極性とコミュニケーション能力はすごく高かったと思いました。

 

これは、日本語英語に関係なく、その国の言葉が流暢であろうとなかろうと、最低限の英語力があれば、全く問題なと感じました。

 

あなたの学校に日本語が拙い留学生の子がいて、積極的に話しかけてくれたり、触れ合おうとしてくれるのをみて、自分も理解しようとしますよね?

 

そんな感じで、ようなその人の性格のようなものが大切だと感じました。

どうやって留学先で恋愛ができるのか

1. 最低限の英語を取得できたら、積極的に話しかけてみる

これは先ほどの積極性ということで、かなり重要なことです。

 

話しかける場面は、大学やコミカレ、語学学校でも数多くチャンスがあります。

 

例えば授業だと、近くに座っている子に、「ノートを見せてくれない?」と言ってみたり、「課題なにか言ってたっけ?」と聞いてみる。

 

「そんなこと、いきなりできるわけないじゃん!」とおもうかもしれません。

 

僕も留学前はできないだろうなーなんて考えてました。

 

でも、実際にその場になると、結構話しかけやすい雰囲気です。

 

なぜかというと、全く知らないけどただ隣に座っているだけでそんな感じで話しかけているアメリカ人が意外に多かったからです。

 

 

日本の授業みたいにめちゃめちゃ静かで、喋ったらすぐ目立つようなことはありません。

2. クラブや学校、寮のイベントに積極的に参加する

これはめちゃくちゃ有効な手で、友達がすぐにできました。

 

もちろんただ参加するだけじゃチャンスは来ないかもしれませんが、1人だろうと友達とだろうと、そのようなイベントに参加していると、顔を覚えられていたり自然と輪ができたりするものです。

 

本当にアメリカなど外国はこういう文化が素敵だなって感じる瞬間です。

3. Tinderをインストール

え、出会い系はないわ!って思った方に衝撃の事実です。

 

money.com

 

 

こちらのMoney.comによると、アメリカの大学生の72%が在学中にTinderを使ったことがあると回答しているデータがあるそうです。

 

僕も興味本位でインストールしましたが、写真の下に大学名が書かれていて、僕と同じ大学で登録していた人がめちゃいました。笑

 

それくらい、アメリカの学生の中では普通にあるっちゃある的な感覚なんでしょうかね?

 

恋愛をして成績は下がるのか

これは意外に私たち日本人留学生であればきになるところですね。

 

僕の1学期に成績についてはこちらからみてください。

www.kiam4real.com

 

中には『私はアメリカ人の人と結婚してグリーンカードがほしい』なんていう人(99%女性)もそれ目的な感じでやってくる人もいるらしいですが、結論は

 

ネイティブと付き合えば、成績は自分次第だが、英語力は抜群に向上します。

 

日本人と付き合うと、成績は自分次第で、英語力はその人と過ごす時間によるかと思います。

 

大学やコミカレであれば大概勉強が忙しいですし、日本人の私たちは割と一生懸命べんきょうするので、成績に関しては本当に自分次第だと思いました。

 

ネイティブと付き合うと、おそらくメリットが多い気がします。

  • アメリカの文化をよく知れる
  • 常に英語なので、自然と英語力が伸びる(実体験)
  • その彼氏/彼女の友達とも仲良くなれる
  • 相手が実家暮らしであれば、料理や買い物などで親によくしてもらえる

 

ざっとこんなメリットが思い浮かびました。

 

実体験というのは、付き合ってはいませんが、四六時中一緒にいたアメリカ人の女の子がいたのですが(本当に友達関係)、彼女の早口の英語に慣れて、リスニングはめちゃ伸びた気がしました。

 

それに、相手は話を聞こうとしてくれるので、必然的に英語で話しましから話すことにもめちゃ慣れました。

 

なので、異性じゃなくても、常にルームメイトと仲良くしておくと、勉強も助けてくれるし、一緒に勉強したりして、成績とともに充実した生活になると思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

留学中の恋愛事情は意外に知られていないことも多いですし、逆にネガティブなことが書かれていることが多いかと思います。

 

しかし、実際は人にもよりますし、あなた次第なところはもちろんありますが、意外なメリットだったり、いいこともたくさんあります。

 

ぜひ、留学前に参考にしてください。

 

留学生なら知ってて当然!大学生以上は知らないとヤバイ英語表現5選

[この記事は3分で読めます]

f:id:kiam4real:20190715190829j:plain

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

今回はアメリカ留学中に実際に僕が何度も耳にしたアメリカ人がしょっちゅう使う簡単な英語表現を5つだけ紹介したいと思います。

 

日本で英語を勉強していると、「このフレーズって向こうで使うのかな?」とおもうものってたくさんありますよね。

 

その中のたった5つ、めちゃめちゃよく耳にする英語のフレーズをさっそく紹介していきたいと思います。

 

【留学英語】1. What you up to?

  • 同義表現:How's it going?

このフレーズはスーパーとかに並ぶと、レジの人が普通に声をかけてくれる時にめちゃくちゃ聞きます。

 

もちろんwhatとyouの間には文法的には [are]が入りますが、実際にアメリカ人はめちゃ早くさらっとこれを言います。(そう聞こえるが実際にareを言っているかは不明)

 

最初はん?ってなるかと思いますが、全くたいしたことじゃなくて、『いらっしゃいませ!』『元気?』程度で真面目に答えるようなものではありません。

 

【留学英語】2. mess up (f○ck up)

  • 同義表現:made a mistake, screw up

日本語でいうところの『うわ、やらかした!』とか『ミスったー』らへんでしょうか?笑

 

一応mess upを最初に書きましたが、正直に言って後者のFワードの方が80%くらいです。笑

 

例えばテストとかでアメリカ人の友達が大きな声でいうのをよく聞いてました。

 

『Damn! I feel like I f○cked up on the exam.』みたいな感じでとことん汚いワードとともに出てきます。

 

留学生でアメリカに留学している人なら、まず間違いなく聞きますが、そうでない人もこの『mess up』は勉強してると思います。

 

実際によく使われているんですね。

 

【留学英語】3. You know what I mean? 

  •  同義:... You know?

個人的にはこれが一番聞くし使うのかなって思います。

 

直訳すると『私の言ってることわかる?』という感じで日本語だと少しばかにしている、あるいは、確認を取っているかのように聞こえます。

 

しかし、ネイティブの感覚では『言いたいことわかる?』や『〜じゃん?』のように、なにか説明している時や語っている時に相手に理解を求めるように使っているように感じました。

 

これも、一番最初のWhat you up to と同じで、めちゃめちゃ早口で、あっさりいうので、最初はなんて言ったんだ?となるかもしれませんが、あまりにも多く出てくるので、すぐ覚えることができるでしょう。

 

【留学英語】4. for the record 

  • 同義:just in case

映画とかでもよく聞きますよね。

 

日本語でもよく使うこのフレーズ『一応』『念の為』は、日本人など(僕)の留学生が名前を言ったりする時、大概のアメリカ人は日本人の名前をすぐに覚えることができないので、『名前、一応もういっかい聞いていい?』のように、私たちに対してよく使われているような気がします。

 

僕は日本で勉強していた時はJust in caseの方がよく使われていたし、それまでは知ってそうでしらなかったので、新しい発見になりました。

 

もちろん、just in case もよく聞きます!

 

【留学英語】5. Have a good one

同義:Have a good day

Have a good dayは知っている人が多いと思いますが、最後をoneにして使うことが多いような気がしました。

 

アメリカの映画とかで、誰かとの別れ際、お店の店員がお客さんに対してなど、会話の最後で『よい1日を!』のように使われているのは知っている人が多いかと思います。

 

実際アメリカで生活していると、『あ、本当にいうんだ』と最初は感動してました。笑

 

日本にはない文化なので、最初は新鮮ですごく気持ちよかったです。(今もです!笑)

 

まとめ

この意外と知ってそうで知らないフレーズ。

 

日本では違う言い方で習ったけど、アメリカではこう使われている、など面白い発見もありましたか?

 

僕はまだまだネイティブレベルには程遠いですが、毎日いろんな単語、英語表現に触れることができてとても勉強になってます。

 

そういう『日本の英語とネイティブの英語とのギャップ』という意味で、まだまだ紹介したいフレーズが盛りだくさんなので、よかったらブクマ、読者登録などしてくれたら嬉しいです!

 

英会話でも、ぜひ使ってみてください!

 

超おすすめのオンライン英会話も紹介してるので合わせてみてくれたら嬉しいです。

www.kiam4real.com

 

加えて、読者登録もしてくれると嬉しいです。 

【筋トレ】たった1ヶ月、週4でジム行ったら体が明らかに変わった件

[この記事は3分で読めます]

f:id:kiam4real:20190716112804j:plain

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

今は学校が夏休みに入っているということで、6月15日から昨日までの1ヶ月週4回でジムに通いました。

 

結構きつめの筋トレを『ほんの少し』継続していました。

 

もちろんあと1ヶ月夏休みが残っているので、その間も同じペースでジムに通いますが、まずは1ヶ月ジムに行ってみて起きた体の変化について話していきたいと思います。

 

夏休みの、このブログと勉強しかない生活習慣の中で、多少運動する機会を作らないと、という理由だけでジムに通い始めましたが、想像以上に効果が大きかったので、

ぜひシェアしていきたいと思います。

 

過剰な食事制限不要!完全個室プライベートジム【フォルツァ】

 

ジムに行く前のカラダ

まずは僕がジムに通う前の6月までのカラダについてです。

 

身長:170cm

体重:65kg

体脂肪率:17%

 

身長は先に言っておきますが、変わりありません。笑

 

(そりゃそうだ。)

 

僕は高校までは完全にスポーツ系男子で、小学校は硬式野球、中高はバスケで、常に運動する習慣がカラダに身についていました。

 

高校の時に、

『大学でバスケを続けるかはわからないけど、運動してなくても体が重くなる、体重が増えるなんてことはないし、対してスタミナもそんな変わらないだろう。』

 

思っていました。

 

だけど高校卒業して2年、全く運動をしなかった僕の体はみるみる重くなっていき、体力も無くなっていました。笑

 

多少運動して65kgくらいに戻しましたが、体は想像以上に早く衰えていくことを実感しました。笑

 

ジムに1ヶ月いって変わっていたこと

1. 食欲が増えた

『いやいや、体重が重くなるじゃん!』って思うかもしれませんが、体重はほとんど変わりませんでした。

 

でも、170cmで65kgって重いんじゃない?って思うかもしれませんが、体は全く違いました。

 

僕は有酸素運動はそこまでやらず、筋トレを中心にやっていましたが、見た目という観点で、明らかにスポーツ体質のカラダになりました。

 

筋トレ直後にご飯を食べるようにしていましたが、ご飯も大きめのお茶碗2杯は食べるようになりました。

 

体重の大きな変化はないですが、体が少し大きく見えるようになっていました。

 

2. 目覚ましなしで朝7時起床

僕は夕方5時から2時間ほどジムに行っていたのですが、時間帯のこともあり、早く眠くなるようになりました。

 

普段も夜11時くらいに眠くなるんですが、それでも起きていられる眠気で、結局1時くらいまで起きている感じでした。

 

でも、ジムにいくようになってから、11時に寝るようになり、朝もスッキリ起きれるようになりました。

 

以前は朝10時過ぎまで寝ていたのが、7時に起きれるようになると、1日がいい意味で長くなり、ブログを書く時間も増え、時間を有効に活用することができます。

 

3. ジム以外にも継続する習慣を身につけた

まさにその象徴となるのがこのブログ!!

 

もともと継続するのは苦手で、まともに何年も継続できているのが英語の勉強くらいでした。

 

それも。大体は最初の1ヶ月で終わることがほとんどでした。笑

 

実はこのブログも、去年の12月に1つ目を投稿しましたが、その後1週間ほどで飽きてやめてしまいました。

 

そして現在、6月下旬にまた再開したブログですが、もうすぐ1ヶ月ですが、まだまだ続けたいと思いますし、1年のはてなブログproにも契約しています!

 

これでやる気のモチベーションが上がっています。

 

ジムでやっているメニュー

先ほど言ったように、僕は筋肉をつけたかったので筋トレ中心にやっていました。

 

ランニング:10分(100kcal消費ペース)

ベンチプレス:自分のできる重量で10回×3セット

大胸筋のマシン:10回×3セット

三角筋サイドレイズ:10回×5セット

三角筋フロントレイズ:10回×5セット

上腕三頭筋キックバック:15回×3セット

上腕三頭筋バーベル・トライセプスエクステンション:10回×3セット

上腕三頭筋リバースプッシュアップ:10回×3セット

上腕二頭筋コンセントレーションカール:10回×3セット

上腕二頭筋バーベルカール:10回×3セット

広背筋マシン:10回×3セット

 

毎回これらすべてをやるのではなく、1日にやるのは、それぞれの部位2箇所で分けてやっています。

 

運動したいけど時間がないと言う人へ

筋トレに限らず、「時間がない」と言って、習慣を持たない人がいますが、それは言い訳にすぎません。

 

「仕事が忙しい」がたぶん一番多いと思いますが、本当に仕事が忙しい人はそもそも習慣をもつことを考えないので、この記事を見てないと思います。

 

この記事にたどり着いていると言うことは、わりと時間がある人か、時間の使い方がうまいひと、または時間の有効活用ができる人だと思います。

 

そう言った人は、1日30分で、週に1、2回でもなにか継続することができるのではないでしょうか?

 

学生のくせに生意気な。と思うかもしれませんが、僕は少なくともそんな大人にはなりたくないですし、なる予定はいまのところ皆無です。

 

好きな仕事をするために一生懸命勉強して、毎日大変な中でも充実して成長できる環境に身を置ける、自ら作り出したいと思ってます。

 

学生時代にまともに勉強もしなかった人は大変な思いをするかもしれません。

 

これからも筋トレ習慣とともに頑張っていきましょう!!

 

過剰な食事制限不要!完全個室プライベートジム【フォルツァ】

 

 

 

海外大学の日本キャンパス?テンプル大学ジャパン校の実態

[この記事は4分で読めます]

f:id:kiam4real:20190715104141j:plain

 

みなさんこんにちは、アメリカ留学中のKです。

 

今回は日本にキャンパスを構えるアメリカの大学、テンプル大学について紹介していきたいと思います。

 

日本にいながらアメリカの4年制大学に通うことができ、異文化体験という意味でテンプル大学の日本キャンパスはどのような学校なんでしょうか?

 

テンプル大学アメリカ本校とテンプル大学日本校

1. テンプル大学アメリカキャンパス

テンプル大学はアメリカ・ペンシルベニア州フィラデルフィアにある4年制の州立大学で、ペンシルベニア州内に7つのキャンパスを持っています。

 

テンプル大学の外国キャンパスは日本の東京の他にイタリアのローマにもキャンパスがあります。

 

アメリカ本キャンパスの学生数は役4万人で、全米の4年制州立大学の中で38位の規模となっています。

 

アメリカ本校のレベルですが、全米の中でも難しいと言われており、教育のレベルも高くなっています。

f:id:kiam4real:20190715110535p:plain

 

2. テンプル大学ジャパンキャンパス

テンプル大学は海外大学日本校の中でもっとも古く長い歴史を持っている学校です。

 

1982年に東京に開校し、翌年からアメリカの大学教育を提供する場として、初めて大学学部課程が誕生しました。

 

2005年には文部科学省から「日本の海外大学」として初めて認定され、アメリカ校との単位移行制度も整備されていきました。

 

世界60カ国から留学生が集まり、国際色豊かで「国内留学」というワードも助長する大学になりました。

 

テンプル大学の学部

テンプル大学ジャパンでは10学科用意されており、それらは全て日本校だけのプログラムで卒業することが可能なんです。

  • アート学科
  • 教養学科
  • アジア研究学科
  • 経済学科
  • 国際関係学科
  • 国際ビジネス学科
  • コミュニケーション学科
  • 心理研究学科
  • 政治学科
  • 日本語学科

 

先ほども言ったように、テンプル大学ジャパンは、アメリカの大学への単位がそのまま移行することができるので、海外進学の準備段階としても、プラグラムに参加することができます。

 

また、アメリカ大学だけでなく、日本国内の大学への単位移行、編入も可能となっています。

  • 明治大学文学部
  • 東洋大学国際学部
  • 武蔵大学
  • 昭和女子大学

 

テンプル大学の新キャンパス

海外大学の日本キャンパスが人気になっている証として、日本校のキャンパス拡大、移転が2019年8月から行われています。

 

これは昭和女子大学がキャンパス内に新校舎を建設しTUJと共有することで基本合意されたものです。

 

これにともない、8月からテンプル大学ジャパンのすべての学部、プログラムは新キャンパスに移転することになるのです。

 

テンプル大学の学費

気になるテンプル大学の学費ですが、まずは僕の通うニューヨーク州立大学バッファローの留学生の学費を見てみましょう。

f:id:kiam4real:20190715113139p:plain

 

僕ら留学生はニューヨーク州立大学に通うのに1年間で約$28,000。日本円にして、1年間で300万円必要なんです。

 

やばすぎですよね。笑

 

州内の学生であればこの1/3ほどで通うことができます。

 

ちなみにアメリカの私立大学はこの倍くらいします。

 

そして、テンプル大学ジャパンでですが、

f:id:kiam4real:20190715113806p:plain



年間160万円ほどで海外大学の単位を取得し、卒業することができます。

 

海外大学とは年間で140万ほど違いますが、4年間にしてみると、じつに500万円も安く通うことができるんですね。

 

しかし、実際は給付型の奨学金も充実しているため、これ以下の学費で通う生徒が多く存在しているのも現状です。

 

テンプル大学日本校のおすすめポイント

テンプル大学は海外の大学です。

 

すなわち、卒業のためのシステムも海外大学のものと同じなんです。

 

つまり、本来は4年間通わないといけない大学ですが、単位を多くとれば3年間で卒業することができるのです。

 

4年間いろんなことをしながら学校に通うのもいいですが、他の同級生より1年早く卒業して、留学、就職、また、旅行などにでかけて見ることだってできるんですね。

 

 

まとめ 

いかがでしたか?

 

年々アメリカなどに留学する人は確実に増えています。

 

そんな中で、他の人より早く、アメリカ留学の準備ができるのではないでしょうか?

 

海外進学を考えている人、大学を迷っている人、ぜひ参考にしてみてください。